東京のタクシー初乗り400円台が実現へ…8割以上が申請

社会 レスポンス

国土交通省は、東京のタクシー総車両台数の8割以上で初乗り運賃の見直しの申請があったと発表した。運賃の上限下限を見直す方針で初乗り400円台が実現する見通し。

東京のタクシー運賃については、国土交通省(関東運輸局)が上限下限を設定しているが、最初の事業者が運賃変更を申請してから3か月以内に、地域の総車両台数の7割を超える事業者から同様の申請があった場合、上限下限の幅の変更手続きに入ることになっている。

東京のタクシー運賃変更申請では、4月5日以降、複数の事業者からあり、3か月後の7月4日に申請受付期間が終了したところ、申請事業者数が265社、事業者の車両台数で2万3312台と、申請率が84.3%に達した。

既に運賃改定に係る審査手続きに着手しており、今後、運賃改定手続きに入る。

東京のタクシーは現行、初乗り730円で加算が280mごとに90円となっているが、申請では初乗りが1.059〜1.5kmが410〜490円で、加算が223〜280mごとに80〜90円となっている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ