【スバル BRZ 改良新型】100台のみ、スポーツカーのイエローをまとった特別仕様

新車 レスポンス

スバル『BRZ』のマイナーチェンジに伴い、限定車『BRZ Yellow Edition』を発表。100台限定で7月7日より先行予約を開始する。

この限定車は、bremboブレーキとSACHSダンパー(ZF社製)を採用した最上級グレード“GT”の発売を2016年秋に予定しており、それをベースとしたものである。

このイエローは、“チャールサイトイエロー”という名称だ。「チャールサイトというのは鉱石の名称で、カラーに関してもスバルが掲げるデザインテーマ、DYNAMIC×SOLIDを織り込んでいる」とは、富士重工業スバル商品企画本部デザイン部の雲野裕紀さんの弁。

最近のスバルのショーカーは、DYNAMIC×SOLIDのデザインテーマの下、全て鉱石からインスピレーションを受けたカラーを採用している。このイエローは、量産初の新色で、かつ、DYNAMIC×SOLIDを量産で初めて採用したカラーでもある。

このカラーの特徴について雲野さんは、「あまり有名な石ではないが、チャールサイトという石が持つ硬さ感と、ビビットな黄色をモチーフにしている」という。また、「これまでの赤みがかった黄色ではなく、スポーツカーど真中の、鮮やかな黄色を採用したいという思いで作った」と述べる。

なぜ黄色なのか。「スポーツカーといえばイエローで、世界中から要望が多かった」と雲野さん。「やはりスーパースポーツカーといわれるようなランボルギーニ各車や、シボレー『コルベット』、最近ではアルファロメオ『4C』などにも黄色が設定されている。スポーツカーといえば赤、青、黄色なのだ」と話す。

このカラーは輸出も行われる。しかし、「このイエローは非常に作るのが難しいことから、合計で1000台しか作らない。そのうちの100台が日本向けだ」と雲野さん。

更にこのカラーを引き立てるために、「黒いホイール、黒いドアミラー、黒いシャークフィンなど黒いパーツをコーディネート。その結果、よりスポーツカー度が増すコントラストが出た」と語った。

  • 内田俊一
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
  • スバル BRZ Yellow Edition(プロトタイプ)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ