三菱合弁製クライスラー車、米国でリコール…サンバイザーで負傷する恐れ

業界 レスポンス

三菱自動車とクライスラーの米国合弁工場で、かつて生産されていたクライスラー車。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは7月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカから、クライスラー『セブリング』とダッジ『ストラトス』に関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、サンバイザーの不具合が原因。NHTSAによると、事故でエアバッグが展開した際、助手席側のサンバイザーが外れて、乗員が負傷する恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2001-2002年モデルのベージュ内装の車両。過去に行われたリコールの修理作業において、誤った部品が装着された139台が、リコールに該当する。

クライスラーブランドは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、助手席サンバイザーを正しく固定するための部品を取り付けるリコール作業を行うとしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ