車線規制を知らせる工事車両に追突、トラック運転者が死亡

社会 レスポンス

4日午前9時10分ごろ、千葉県袖ケ浦市内の館山自動車道下り線で、車線規制を告知する工事車両に対し、後ろから進行してきたトラックが追突する事故が起きた。この事故でトラックを運転していた76歳の男性が死亡している。

千葉県警・高速隊によると、現場は袖ケ浦市大曽根付近で片側2車線の直線区間。事故当時は中央分離帯の工事が行われており、第2車線の通行を規制。車線変更を促す工事車両(サインカー)を第2車線に配置していたが、後ろから進行してきたトラックが追突した。

追突側のトラックは運転席部分が中破。運転していた東京都葛飾区内に在住する76歳の男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。工事車両の運転者や周辺にいた作業員にケガはなかった。

警察では前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ