目が合ったことで立腹、バイク運転者を殺害した男を殺人容疑で逮捕

社会 レスポンス

4日午前7時10分ごろ、神奈川県平塚市内の市道でバイクを運転していた18歳の男子高校生が死亡しているのを近隣住人が発見。警察に通報した。後に20歳の男が「事故を起こした」と警察に出頭。故意に衝突して殺害したと判断し、殺人容疑で逮捕している。

神奈川県警・平塚署によると、殺人容疑で逮捕された藤沢市内に在住する20歳の男は4日の午前2時50分ごろ、平塚市高根付近の行き止まりになっている市道に18歳の男子高校生が乗るバイクを追い込み、自身の運転する乗用車を故意に衝突させ、高校生を殺害した疑いがもたれている。

高校の遺体は同日朝に近隣住民が発見。近くに倒れていたバイクの車体に衝突痕があったものの、バイク自体のブレーキ痕は無く、その代わりにクルマのタイヤ痕が多数確認され、単独転倒とは考えられない状況だった。警察は事件と事故の両面から捜査を開始したところ、午前9時ずきに男が「事故を起こした」と出頭。後の調べで故意にクルマを衝突させ、高校生の殺傷を目論んだことが判明したため、翌5日に男を殺人容疑で逮捕した。

2人の間に面識はなく、聴取に対して男は「クルマを止めていたところ、その横を通過したバイクの運転者と目が合った。腹が立って追いかけた」などと供述しているようだ。警察では衝動的に殺害したものとみて、事件発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ