アストンマーティンのハイパーカー、「AM-RB 001」…最大150台生産へ

新車 レスポンス

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンとレッドブルレーシングが7月5日に発表した次世代ハイパーカー、『AM-RB 001』。同車の生産台数が判明した。

これは、アストンマーティンが明らかにしたもの。「AM-RB 001の生産台数は、最大で150台」と公表している。

AM-RB 001は、アストンマーティンとレッドブルレーシングのテクニカルパートナーシップによる成果を反映させた高性能車。アストンマーティン特有のスポーツカーデザインと、レッドブルレーシングが持つ最先端のF1技術を融合させた究極の1台として登場した。

AM-RB 001は、ミッドシップの2シーターで、軽量構造が特徴。新開発の自然吸気V型12気筒ガソリンエンジンを搭載する。スペックは現時点では公表されていないが、アストンマーティンによると、パワーウェイトレシオは1.0と驚異的な数値を実現しているという。

またAM-RB 001には、公道仕様とサーキット専用車の2種類が用意される予定。このサーキット専用車は25台が限定生産され、公道仕様車とプロトタイプ車両を含めて、最大150台を生産する。

アストンマーティンは、「製造はアストンマーティンの英国ゲイドン工場。顧客への納車は、2018年から開始する予定」と説明している。

  • 森脇稔
  • アストンマーティンとレッドブルのAM-RB 001
  • アストンマーティンとレッドブルのAM-RB 001
  • アストンマーティンとレッドブルのAM-RB 001
  • アストンマーティンとレッドブルのAM-RB 001
  • アストンマーティンとレッドブルのAM-RB 001
  • アストンマーティンとレッドブルのAM-RB 001
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ