【リコール】フォード マスタング、タカタ製エアバッグの不具合

業界 レスポンス

フォードジャパンは7月8日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは『マスタング』1車種で、2006年7月25日から2014年5月16日に製造された2467台。

運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)にて、高い湿度の環境下で温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損して構成部品が飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、運転席用エアバッグのインフレータを対策品と交換する。なお、インフレータは長期間の温度変化にさらされると劣化することから、古い年式の車両より順に対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ