【グッドウッド16】最強のロールスロイス、レイス …624馬力がヒルクライム

モータースポーツ レスポンス

英国の高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は6月下旬、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」のヒルクライムに、『レイス』を出走させた。

レイスは、『ゴースト』のクーペバージョンとして開発。しかし、単なるクーペではなく、リアの「ファストバック」と呼ばれるデザインが特徴。ファストバックとは、乗用車のボディスタイルの一種類。屋根からトランクエンドまでの間に段がなく、一本の曲線でつながっているものを指す。

またレイスは、ロールスロイスの市販車としては、最もパワフル。ゴースト用の6.6リットルV型12気筒ガソリンツインターボには、専用チューニングを実施。最大出力624ps、最大トルク81.5kgmを引き出す。この数値は、ゴーストの最大出力563ps、最大トルク79.5kgmに対して、61ps、2kgmの上乗せ。

トランスミッションは、ZF製の8速AT。パワフルなエンジンを得たレイスは、0-96km/hを4.4秒で駆け抜ける。ゴーストの0-96km/h加速4.7秒に対して、0.3秒の短縮。もちろん、内外装は、ロールスロイスならではのクラフトマンシップにあふれる仕上がり。

今回、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード名物のヒルクライムに、レイスが出走。標準モデルではなく、スポーティ仕様の「ブラックバッジ」。7.1kgm引き上げられた最大トルクと、専用チューンのサスペンションおよび8速ATを得て、スーパーカー顔負けのパフォーマンスを披露している。

  • 森脇稔
  • ロールスロイス レイス
  • ロールスロイス レイス
  • ロールスロイス レイス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ