高速道路の落下物は「4分に1件」発生

業界 レスポンス

NEXCO西日本は、管内における2015年度の落下物(路上障害物)発生状況を発表。年間で約13万1000件、1日あたり約360件、約4分に1件の割合で落下物が発生していることがわかった。

落下物の発生件数は2014年度に比べ3.7%(約5000件)減少したものの、ここ5年、13万件を超える高い水準で推移している。

また分類別では、「プラスチック・ビニール・布類(毛布やシート類)」(33%)、「自動車部品類(タイヤや自動車付属品等)」(11%)、「木材類(角材やベニヤ等)」(10%)がワースト3。過去5年間変わっていない。

NEXCO西日本では、落下物防止に向けた啓発活動のほか、積載不適当車両に対する是正指導を実施しているが、落下物の総件数は大きく減少せず、一定水準での推移が続いている。今年度からは業界団体への働きかけや、自治体への啓発依頼、また多発傾向にある10月を「強化月間」に位置付けて啓発の集中化を図るなど、高速道路の安全確保に向けた啓発・広報を強化していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ