飲酒運転中に当て逃げの警官を起訴、警察は懲戒免職処分に

社会 レスポンス

6月中旬に北海道帯広市内で発生した飲酒運転を原因とする当て逃げ事件について、釧路地検は8日、元警官の男2人を道路道路交通法違反(酒気帯び運転など)の罪で起訴した。2人は同日付で懲戒免職処分となっている。

問題の事故は2016年6月19日の午前4時20分ごろ発生している。帯広市西1条北2丁目付近の国道241号(片側2車線の直線区間)で信号待ちをしていた乗用車に対し、進行してきた別の乗用車が衝突。衝突してきたクルマはそのまま逃走した。

通報を受けた北海道警・帯広署の署員が周辺捜索を行ったところ、同市内で容疑車両を発見。運転していた同署に所属する20歳の巡査からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出したことから、飲酒運転の現行犯で逮捕。別の場所で発見された同僚の巡査も飲酒運転で逮捕されている。

2人は事故直前まで一緒に酒を飲んでいたことが後の調べで判明。事故現場に脱落させたナンバープレート付きの前部バンパーを捜索中、署員に発見されていたこともわかった。

検察は当て逃げ時に運転していた男を事故不申告と酒気帯び運転で。事故当時に同乗し、寮への帰宅後に捜索に出た男を酒気帯び運転の罪で起訴した。また、北海道警は起訴を受け、2人を8日付けで懲戒免職処分としている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ