三菱重工と千葉工大、国内初「防爆性能」を備えた遠隔操縦式移動ロボットを発表

業界 レスポンス

三菱重工業と千葉工業大学は、防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」を共同開発。同機は、引火性ガスの中でも自らが出す電気火花や熱などで、爆発や火災を引き起こす危険性を大幅に抑えられるのが特徴。

両社は、このロボット開発において、国内防爆認証(型式検定)を取得。無線または有線による遠隔操作が可能な移動ロボットとして「正規の防爆性能を持つものは国内で初」という。

このロボットが活躍する場として、両社は「トンネル内事故や石油化学プラントなど、防爆対応が求められる現場で、安全かつ高効率な情報収集・点検や軽作業に向けた用途・需要を開拓する」という。

三菱重工業本社ビルで7月12日に行われた会見では、有線・無線による駆動デモンストレーションが行われ、「ガソリン飛散やLPG・水素タンクローリーが転倒するなどの事故や、メタンガスが発生するトンネル災害時などで、ファーストレスポンダーとして活躍する。水素を含む多くの引火性ガスがある環境下でも駆動する」と伝えた。

  • 大野雅人
  • 三菱重工業と千葉工業大学が共同発表した国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」(7月12日、東京・品川 三菱重工業本社にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 三菱重工業と千葉工業大学が共同発表した国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」(7月12日、東京・品川 三菱重工業本社にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 三菱重工業と千葉工業大学が共同発表した国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」(7月12日、東京・品川 三菱重工業本社にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 三菱重工業と千葉工業大学が共同発表した国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」(7月12日、東京・品川 三菱重工業本社にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 三菱重工業と千葉工業大学が共同発表した国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」(7月12日、東京・品川 三菱重工業本社にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
  • 三菱重工業と千葉工業大学が共同発表した国内初 防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」(7月12日、東京・品川 三菱重工業本社にて)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ