VWグループ、ポルシェにV8エンジンの生産を集約へ

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社が傘下のポルシェに、V型8気筒エンジンの生産を集約することが分かった。

これは7月8日、ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長が、ドイツの新エンジン工場の開所式において明らかにしたもの。同会長は、「今後、シュトゥットガルトのツッフェンハウゼン工場において、フォルクスワーゲングループの全ブランドのV型8気筒エンジンを生産していく計画だ」と発表している。

フォルクスワーゲングループ傘下で、V型8気筒エンジン搭載車を用意しているのは、ポルシェをはじめ、フォルクスワーゲン乗用車、アウディ、ベントレーがある。

今後、これらの高級車ブランドのV型8気筒エンジンの生産は、ポルシェのシュトゥットガルト・ツッフェンハウゼン工場に集約されることになる。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「ポルシェの新エンジン工場が、フォルクスワーゲングループ内で、シナジー効果を発揮するだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ツッフェンハウゼン工場
  • ツッフェンハウゼン工場
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ