プジョー・シトロエン・ジャポン、3ブランドでクリーンディーゼルモデルを同時発売

新車 レスポンス

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月12日、クリーンディーゼルエンジン搭載車をプジョー、シトロエン、DSの各ブランドに初めて設定し発売した。

各モデルに搭載される「BlueHDi」と名付けられたクリーンディーゼルエンジンは酸化触媒およびAdBlue(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)、DPF(微粒子フィルター)の3段階で排気ガスに含まれる有害物質を除去する仕組みになっている。

PSAグループでパワートレイン&シャシーエンジニアリング研究開発部長を務めるクリスチャン・シャペル氏は「NOx(窒素酸化物)とCO2(二酸化炭素)の二律背反の関係を断ち切るためには、非常に効果的なNOxの後処理システムが必要で、SCRがNOxを削減するために最も効果的なテクノロジーと考え、PSAグループとしてはすべてのエンジンにこのテクノロジーを適用するという戦略的な選択を行った」と、同日都内で開かれた発表会で述べた。

尿素を使ったSCRはメルセデスベンツなど他社でも採用されているが、シャペル氏は「独自のエキゾーストラインで構成されている」とした上で、「我々は唯一のOEM(完成車メーカー)としてSCRをDPFの上流に配置した。それによりエンジン始動直後の低温時でも素早くNOx除去が可能になるとともに、DPFの効率も高めることができる」と解説した。

プジョー・シトロエン・ジャポンが発売したクリーンディーゼルエンジン搭載車はプジョーが『308アリュール』、『308 GT』、『508 GT』の各5ドアおよびステーションワゴン、シトロエン『C4』、DSブランドの『DS4』および『DS4 クロスバック』となっている。

  • 小松哲也
  • プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会《撮影 小松哲也》
  • プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会《撮影 小松哲也》
  • プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会《撮影 小松哲也》
  • プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会《撮影 小松哲也》
  • プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会《撮影 小松哲也》
  • PSAグループ クリスチャン・シャペル氏《撮影 小松哲也》
  • プジョー・シトロエン・ジャポン クリーンディーゼル発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ