急患対応で病院に向かった医師、飲酒運転の現行犯で逮捕

社会 レスポンス

9日午前2時ごろ、長崎県対馬市内の国道382号を走行していた軽乗用車が飲酒検問を振り切って逃走した。警察は運転していた59歳の医師の男を飲酒運転の現行犯で逮捕したが、男は急患対応のために勤務先の病院へ向かう途中だったという。

長崎県警・対馬南署によると、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕された59歳の男は飲酒後にクルマを運転。対馬市厳原町小浦付近で同署が実施していた交通検問を振り切って逃走した疑いがもたれている。

男が運転するクルマは署員の停止指示を無視して通過。待機していたパトカーが追跡して抑止し、アルコール検知を行ったところ、酒気帯び相当量のアルコール分を検出したことから現行犯逮捕した。

聴取に対して男は「担当している患者が危篤になったという一報を受け、勤務先の病院へ向かう途中だった」などと供述しているようだ。警察では飲酒した場所や量の特定を進めるとともに、病院関係者からも事情を聞いている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ