圏央道 海老名JCT、東名方面ランプウェイの2車線化運用を開始

業界 レスポンス

NEXCO中日本は7月15日、圏央道八王子方面から東名高速方面に向かう、海老名ジャンクション(JCT)内回り方面ランプウェイについて、渋滞緩和を目的とした2車線化運用を暫定で開始した。

昨秋、東北道が圏央道を経由し東名高速につながったことを受け、圏央道 海老名JCTから東名高速方面へ向かう車が増加。ランプウェイは5.4%の上り勾配ということもあり、激しい渋滞が発生していた。

今回、圏央道から東名高速へ向かうランプウェイを1車線から2車線に拡大。上り坂を先頭とする渋滞の緩和、さらに圏央道本線を1車線とし、安全性の確保も図っている。

そのほか、分流部からの速度抑制対策としてゼブラカラー舗装、全面カラー舗装及び導流レーンマークを実施した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 安全・道路案内対策
  • 運用開始後の状況
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ