クルマ、バイク、自転車乗りが集まった! NAVI CAFE MEET in Nagano

モーターサイクル レスポンス

オートバイ、自転車、クルマを中心にしたライフスタイルマガジンを発行する、株式会社 Voice Publication(ボイス・パブリケーション)主催のイベント「NAVI CAFE MEET in Nagano」が7月10日、長野県の長和町にあるブランシュたかやまスキーリゾートで開催された。

クルマ離れや出版不況などがささやかれる昨今にあって、様々な角度から意欲的にモビリティライフを演出する雑誌を世に送り出している出版社 Voice Publication。自動車、オートバイ、自転車、それぞれに特化したイベントは全国で開催されているものの、わけ隔てなくこれらすべてを対象に呼び掛けての、ミーティングというのはまだ珍しい。当日は幸いにも梅雨の晴れ間、天気にも恵まれ、比較的標高の高い会場も、かなり気温があがり、初夏の陽気のもとの抜群のミーティング日和のもとでの開催となった。

会場となったブランシュたかやまスキーリゾートは、上田から茅野に抜ける旧中山道沿いに位置し、十分なドライブコース、ツーリングコースを経由しつつアクセスできる場所で、中央道、上信越道の各方面からも比較的至便な立地ということもあり、関東圏ばかりではなく、関西圏などからも読者を中心にが大勢が参加した。ただ、クルマ・バイクにとってはドライブコース、ツーリングコースの先であったものの、自転車でとなるとなかなか距離が遠いという参加者も少なくなく、クルマに自転車を積んで参加した人も散見された。

会場は冬季にはスキー場であるだけに、もちろん冬のスキーシーズンには賑わいを見せるが、心地よい気候が魅力的な高原ながら、施設としては夏は閑散期にあたり、この時期のイベント会場としては恰好のロケーションだ。雪深い冬季と違い、アクセスは断然容易な夏のこの時期に、一人でも多くの人にその魅力を知ってもらおうと、地元長和町の全面的な協力もあっての開催となった。

多くの二輪メーカー、自動車メーカー、タイヤメーカーなどの協賛ブースも設けられ、最新モデルに触れられrt機会や、安全に楽しくバイクを楽しめるライダーズ教室、広大なゲレンデを使っての最新の電動アシストマウンテンバイクの試乗会や、ゲストを招いてのトークショーなども催された。また、会場には地元信州の味覚を楽しめるキッチンカーも出店。参加者は思い思いに一日を過ごしていた。

株式会社 Voice Publicationの代表でもある、『NAVI CARS』河西啓介編集長は「地元長和町や、協賛企業の協力もあって、今回初めてブランシュたかやまスキーリゾートで開催することができました。様々なモビリティのジャンルを超えての交流もできるイベントができるのは私たちの強みかもしれません。来年以降も開催していき、誌面以外のリアルな場として、もっと多くの交流が生まれる機会を作っていければ」と、次回以降の開催に対しての意欲的だ。

  • 中込健太郎
  • 前日までの荒天が嘘のような晴天に恵まれた。オリジナルTシャツも大人気。【撮影 中込健太郎】
  • 地元の野菜を販売するお店も。このニューホランドのトラクターは乗り物好きのイベント来場者の間で密かな人気を博していた。【撮影 中込健太郎】
  • 焼きたての川魚。ふっくらと身のついた魚の焼きたてのものなど、地元信州の味覚も参加者を歓迎。おいしいものが待っているだけで、ドライブやツーリングは楽しいものである。【撮影 中込健太郎】
  • 会場となったブランシュたかやまスキー場では、中央線で活躍した115系が保存されていた。【撮影 中込健太郎】
  • 様々なニューモデルを紹介するブースの出展ばかりでなく、メインステージではトークショーなども行われた。ラジオ番組も担当する河西編集長。飛び出す楽しいトークで場も盛り上がった。トークを展開中の河西編集長とカーライフエッセイストの吉田由美さん。【撮影 中込健太郎】
  • イベントで不可欠なのは記念撮影。クルマ、バイク、自転車と、参加者が何できたかがうかがえるそれぞれのいでたちが混ざり合うのがこのイベントらしいところ。【撮影 中込健太郎】
  • 正しい乗り方が安全なツーリングをの基本であり、安全あってこその楽しいバイクライフ。会場では講習会も開かれた。【撮影 中込健太郎】
  • バイク、クルマと別れて設けられた駐輪場、駐車場。三々五々、参加者が集まってきた。【撮影 中込健太郎】
  • クルマといってもいろいろなクルマがいるものだ。モビリティライフは奥が深い。【撮影 中込健太郎】
  • 普段あまりじっくりと見ることができないニューモデル、新商品にも、来場者はじっくりと見入っていた。【撮影 中込健太郎】
  • 冬季はスキー場になる会場という立地を活かし、マウンテンバイクの試乗会なども開催された。【撮影 中込健太郎】
  • 自転車を積んだクルマで来る来場者も。【撮影 中込健太郎】
  • バイク、クルマ、自転車。皆がお世話になることになるのはタイヤだ。ミシュランのブースには様々な大きさのタイヤが展示されていた。【撮影 中込健太郎】
  • 高原のさわやかな風と、降り注ぐ日差しのもと、ドライブに出かけたくなる輸入車の数々も展示された。【撮影 中込健太郎】
  • バイクユーザーのみならず人気だったのがVespa。Piaggioのブースだ。【撮影 中込健太郎】
  • マニアを競うだけでなく、「愛車と一緒に出掛けたい」というモビリティユーザーにとっての根源的なテーマで集った今回のミーティング。その意味では、バイクかクルマか自転車かというわけ隔ては不要なイベントだった。【撮影 中込健太郎】
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ