アウディ R8 のレーサー「LMS」、累計生産200台…7年で達成

モータースポーツ レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディは7月19日、レーシングカーの『R8 LMS』の累計生産台数が200台に到達した、と発表した。

R8 LMSは、アウディ『R8』ベースのレーシングカー。初代は2009年に発表された。現行のR8 LMSは2世代目モデルで2015年春、ジュネーブモーターショー15で初公開。FIA(国際自動車連盟)の新しいGT3レギュレーションを満たす。すでに、世界のモータースポーツシーンで活躍している。

駆動方式は、現行のR8 LMS同様、市販車の4WDから後輪駆動に変更。5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンは、最大出力585hpレベルを引き出す。ボディの多くにCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を採用するなどして、車両重量は1225kgに抑えた。

また、現行R8 LMSは、先代に対して大幅に性能を引き上げながら、部品のおよそ50%は市販車と共用する。アウディによると、現行R8 LMSは、史上最も軽く、安全なアウディのレーシングカーという。

7月19日このR8 LMSの累計生産台数が200台に到達。初代から、およそ7年で到達した記録となる。200台の内訳は、136台が先代モデル、64台が現行モデル。アウディ・クワトロ社のステファン・ヴィンケルマン氏は、「200台到達を誇りに思う」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • アウディ R8 LMS
  • アウディ R8 LMS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ