単独横断の4歳男児、パトカーと接触して軽傷

社会 レスポンス

17日午後6時ごろ、滋賀県長浜市内の県道で、徒歩で道路を横断していた4歳の男児に対し、交差進行してきたパトカーが接触する事故が起きた。男児は軽傷。警察は運転していた警官から事情を聞いている。

滋賀県警・長浜署によると、現場は長浜市野瀬町付近で車線区別のない幅員約3.5mの直線区間。4歳の男児は徒歩で単独横断していたところ、交差進行してきた同署・地域課のパトカーにはねられた。

男児は転倒した際に腰などを打撲する軽傷。パトカーを運転していた24歳の男性巡査にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

負傷した男児は道路を挟んで反対側にいた祖父の下へ駆け寄ろうとしていたとみられる。聴取に対して巡査は「注意を怠ってしまった」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ