VWグループの暫定決算…営業利益は7%増 上半期

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは7月20日、2016年上半期(1〜6月)の暫定決算を公表した。

同社の発表によると、上半期の営業利益は、75億ユーロ(約8870億円)。前年同期比は7%増と、ディーゼル問題の影響にもかかわらず、増加した。

その一方で、ディーゼル問題への引当金として、上半期に22億ユーロ(約2600億円)を計上。主に北米で想定される訴訟リスクへの対応を図る。

この引当金を除けば、営業利益は53億ユーロ(約6268億円)。前年同期比は22%減と、大きく落ち込む。

なお、フォルクスワーゲングループは7月28日、2016年上半期の正式な決算を発表する予定。

  • 森脇稔
  • 米国で幅広い車種にターボディーゼルの「TDI」を設定するフォルクスワーゲン(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ