【ルノー トゥインゴ 新型】今後も限定車をはじめ様々なバリエーションを投入

新車 レスポンス

日本の輸入車Aセグメントに新たに投入されるルノー『トゥインゴ』。ルノー・ジャポンはこれを機に、この市場の拡大を図りたいという。

そう話すのは、同社代表取締役社長の大極司氏だ。更に、「日本車にはコンパクトカーでよく走る可愛いクルマがあまりない。そこでぜひフランス車のルノーに、こんなに素敵なクルマがあるということを認知してもらいたい」と述べる。そこで、プライスバンドも日本車から移行しやすい189万円からに設定したのだ。

ルノー・ジャポンとしてもトゥインゴにかける期待は大きい。昨年初めて5000台を超える登録台数を記録した同社。『ルーテシア』、『キャプチャー』、『カングー』それぞれが1500台ほどの台数で、この3車がビジネスピラーとなっている。そこで大極氏は、「トゥインゴも同じぐらいの柱として売っていきたい。その結果、トータルで6000台はアプローチしたい」と展望を語る。

そのコミュニケーション戦略として大極氏は、「“トゥインゴ パリ”として、パリの石畳を元気よく走っている可愛いクルマ、良いフランス車だというイメージをまず持ってもらいたい」とし、7月29日よりパリ試乗キャンペーンの募集を開始する。

更に、ルノー・ジャポンが得意とする限定車の戦略もある。すでに完売したが、「RRという特性を生かしたMTの限定車、サンクSを導入。今後も、様々なグレードやラインナップを揃え、また、リミテッドバージョンを年に数回は投入することで、クルマ好きの方々をはじめ、皆に楽しんでもらえるような企画を提案していきたい」と今後を語った。

  • 内田俊一
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
  • ルノー トゥインゴ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ