くるまマイスター検定、7月29日より受付開始…新型 トゥインゴ が当たるプレゼント企画も

モータースポーツ レスポンス

日本マイスター検定協会は、11月27日に開催する自動車検定試験、第4回「くるまマイスター検定」の申し込み受付を7月29日より開始する。

くるまマイスター検定は、近年の車離れを危惧し、幅広い人たちに車への興味を抱いてもらいたいとの思いから創設された、経済産業省が後援を行う検定試験。本検定では3級(初級)、2級(中級)、1級(上級)、ジュニアの4階級を実施する。過去3回の開催では、5歳から84歳まで、累計約2700名が受検。昨年は最難関となる1級合格者も14名誕生した。

2016年の検定から、受検者の増加を受け規模を拡大する。従来の八戸、仙台、東京、名古屋(トヨタ博物館)、大阪(ダイハツ)、福岡に加え、札幌、横浜(日産グローバル本社ギャラリー)、静岡(富士スピードウェイ)、広島(マツダ)を追加した、全国10会場で実施。横浜会場では試験終了後、くるまマイスター検定応援団長のテリー伊藤氏らを迎えたトークショーも予定している。

また「ルノー・ジャポン」賞として新型『トゥインゴ』を抽選で1名に、「オートバックスセブン」賞として、オートバックスグループギフトカード3000円分を抽選で50名にプレゼントするキャンペーンも実施。また、トヨタGAZOOレーシング提供のオリジナルグッズなどがあたる受検者特典も多数用意する。

さらに会場別の特典も用意。大阪会場の受験者は、試験当日に限り、ダイハツヒューモビリティワールドに特別入場ができるほか、名古屋会場の受験者は、トヨタ博物館の入館が割引になる。

受検料(税別)は3級4000円、2級5000円、1級6000円、ジュニアが2000円。申込期間は7月29日から10月31日までで、インターネットまたは郵便局から申し込みを受け付けている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 横浜(日産グローバル本社ギャラリー)会場
  • 名古屋(トヨタ博物館)会場
  • 静岡(富士スピードウェイ)会場
  • 大阪(ダイハツ)会場
  • 応援団長のテリー伊藤さん
  • アンバサダーの塚本奈々美さん(レーシングドライバー)
  • 応援団 まるも亜希子さん(カーライフジャーナリスト)
  • 応援団 片岡英明さん(自動車ジャーナリスト)
  • 応援団 竹岡圭さん(タレント・モータージャーナリスト)
  • 応援団  石川真禧照さん(自動車生活探検家)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ