ホンダ アコード、米国で2017年型…スポーティ仕様登場

新車 レスポンス

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは『アコード』の2017年モデルに、「スポーツ スペシャル エディション」を設定すると発表した。

北米向けの『アコード』は2012年9月、現行型にモデルチェンジ。日本ではハイブリッドのみのアコードだが、現地ではガソリンエンジン搭載車も用意される。

2015年7月には、2016年モデルを発表。現行アコードにとって、初の大幅改良モデル。デビューからおよそ3年が経過して、内外装を中心に改良を加え、商品力を引き上げた。ボディタイプは引き続き、4ドアセダンと2ドアクーペの2種類。

今回、米国で発表された2017年モデルでは、小規模な改良を実施。同時に、スポーツ スペシャル エディションを、4ドアセダンに設定している。

スポーツ スペシャル エディションでは、赤いステッチ入りのレザーシート、シートヒーター、専用エンブレムなどを装着。アメリカンホンダは、「プレミアムな装備を、価値あるパッケージで提供する」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ