ダイハツ、マレーシアでAセグメントセダン べザ を発売…軽で培った技術を投入

新車 レスポンス

ダイハツとマレーシア現地合弁会社のプロドゥアは、新しい国民車として、小型乗用車『べザ』を発売した。

べザは、2014年に発売した『アジア』に続くプロドゥア構造改革第2弾の商品で、ダイハツが日本で培ってきた軽自動車の技術やノウハウをもとに開発したAセグメントプラットフォームの活用に加え、プロドゥアが初めてスタイリング/アッパーボデーの開発を担当した。

ベザは、マレーシアでニーズの高い大容量トランクをコンパクトなボディに装備した同国初のAセグメントセダンで、新ジャンル商品として新たな市場を開拓するべく開発。また、日本の軽自動車で実績のある「eco IDLE(アイドリングストップシステム)」を国民車として初搭載したことなどにより、同国ガソリン車トップとなる22.8km/リットルの低燃費を達成し、同国のエコカー政策であるEEV(Energy Efficient Vehicle)に適合する。

価格は3万7300から5万0800リンギ(約99万円から135万円)。月販目標は7600台。

また、新型車の生産に併せ、ダイハツが日本で培った生産コンセプト「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」のノウハウを展開した新エンジン工場である、ダイハツ・プロドゥア・エンジン・マニュファクチャリング(DPEM)の稼動を開始。DPEMでは、同国で初めて、アセアン向け次世代エンジン「1NR-VE エンジン(1.3リットル)」を生産し、ベザに搭載する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ダイハツ べザ
  • ダイハツ べザ
  • ダイハツ べザ
  • ダイハツ べザ
  • ダイハツ べザ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ