宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

業界 レスポンス

国土交通省は7月22日、2015年度(2014年4月〜2015年3月)の宅配便取扱実績を発表した。

それによると、2015年度の宅配便取扱個数は、前年比3.6%増の37億4500万個で2年ぶりに前年実績を上回った。内訳はトラック運送が同3.8%増の37億0400万個で2年ぶりのプラス、航空等利用運送は同7.4%減の4000万個で5年ぶりのマイナスとなった。

ブランド別(トラック)では、宅急便(ヤマト運輸)が同6.7%増の17億3126万個でトップ。2位の飛脚宅急便(佐川急便)は同0.2%増の11億9829万個で、トップとの差は広がった。以下、3位はゆうパック(日本郵便)で同5.8%増の5億1302万個、4位カンガルー便は同1.4%減の1億3341万個、5位フクツー宅配便(福山通運)は同1.7%減の1億2044万個だった。

インターネット通販の普及などにより、宅配便の取扱実績は急増。ここ10年間で30.3%増加している。

一方、メール便取扱冊数は、同3.7%減の52億6394万冊。トップはゆうメール(日本郵便)で同5.3%増の35億3940万冊。クロネコメール便に代わる新サービスとして登場したクロネコDM便は同19.2%減の15億3643万冊と伸び悩んだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ