テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

業界 レスポンス

米国のEVメーカー、テスラモーターズ。同社が、画期的な「ソーラールーフ」の開発計画を打ち出した。

これは7月20日、テスラモーターズが公表した「マスタープラン パート2」の中で、明らかにされたもの。マスタープラン パート2は、イーロン・マスクCEOが、今後10年のテスラ方向性を示した中期経営計画となる。

このマスタープラン パート2において、マスクCEOは、「バッテリー ストレージとシームレスに統合された素晴らしいソーラールーフを作る」と宣言している。

テスラのこのソーラールーフの特徴は、エネルギー生産と貯蔵を統合するという点。蓄電池と太陽光発電がスムーズに統合した、美しく、機能的な製品であり、このソーラーパネルで個人が電気を作れるようにして、それを世界規模で展開することを目指す。

テスラモーターズは、「注文、設置、サービス契約、スマートフォンアプリは、すべて一元で管理していく」と説明している。

  • 森脇稔
  • イーロン・マスクCEO(c) Getty Images
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ