ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速

新車 レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは7月上旬、新型『パナメーラ』の「パナメーラ ターボ」グレードが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、タイムアタックを行った、と発表した。

新型パナメーラ ターボには、新開発の直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを積む。最大出力は550ps/5750rpm、最大トルクは78.5kgm/ 1960-4500 rpmを獲得。先代比で30ps、7.1kgmパワフルになった。

パワーウエイトレシオは、わずか3.6kg/ps。トランスミッションは8速PDK。駆動方式はフルタイム4WD。パナメーラ ターボは0-100 km/h加速3.8秒(スポーツクロノ仕様車は3.6秒)、最高速306km/hの性能を発揮する。

ポルシェは、この新型パナメーラ ターボをドイツ・ニュルブルクリンク北コースに持ち込み、タイムアタックを敢行。その結果、7分38秒のタイムを計測した。

ポルシェは、「新型パナメーラターボが、ニュルブルクリンクにおいて、世界最速の高級セダンになった」と宣言している。

  • 森脇稔
  • ポルシェ パナメーラ 新型、ニュルで7分38秒…高級セダン最速
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ