マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

業界 レスポンス

英国の高級スポーツカーメーカー、マクラーレンオートモーティブ。同社が2016年の世界新車販売が、倍増するとの見通しを示した。

これは7月21日、マクラーレンオートモーティブが2015年通期(1-12月)の決算発表の際、明らかにしたもの。同社は、「2016年の年間新車販売台数が、3000台を超えるだろう」との見通しを公表している。

マクラーレンオートモーティブの2015年の世界新車販売台数は1654台。前年比は0.06%増と、前年の18%増から伸び率が鈍化した。それでも、5年連続で販売記録を更新した。2016年実績が3000台を超えれば、2015年に対して、ほぼ倍増の結果となる。

大幅な増加が見込まれる要因が、車種ラインナップの拡大。「スポーツシリーズ」の『570S』や『540C』、『570GT』が、2016年の新車販売に寄与する見通し。

マクラーレンオートモーティブのマイク・フルイットCEOは、「スポーツシリーズの発売が、まったく新しい顧客層を呼び込んだ。2020年までには、新車販売は2015年実績の3倍に増えるだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • マクラーレン 540C クーペ
  • マクラーレン 570Sクーペ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ