シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

業界 レスポンス

シャープは、業界トップクラスの感度1890mVを実現した交通監視用カメラ向け4/3型800万画素のCCD「RJ3EV3EF0DT(カラー)」および「RJ3EV4EF0DT(色黒)」を開発、8月31日より量産を開始する。

ITS(高度道路交通システム)などに用いられる交通監視用カメラは、昼夜を問わず、走行車両の情報やナンバープレートを識別する必要があるため、高感度で高解像度撮影が可能なイメージセンサが求められている。新製品は、同じ800万画素クラスの従来機種に対し、光学サイズを1/1型から4/3型にすることで画素セルサイズを約75%拡大。光電変換効率やマイクロレンズ集光率を向上させる独自技術と組み合わせることで、業界トップクラスの感度1890mVを実現した。

また、可視光より波長の長い近赤外光下での撮影にも対応し、明るいシーンから肉眼ではとらえられない暗闇のシーンまで鮮明に撮影可能。さらに、アスペクト比を16:9とすることで、従来機種に比べて水平方向の画素数が約15%増加。1台で複数の車線を幅広く監視する交通監視用カメラの商品化に貢献する。

サンプル価格は15万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ