走行中のパトカーが路上に倒れていた人をはねる

社会 レスポンス

22日午後11時10分ごろ、岐阜県神戸町内の町道で、道路上に倒れこんでいたとみられる58歳の男性に対し、進行してきたパトカーが衝突する事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察はパトカーの乗員から事情を聞いている。

岐阜県警・大垣署によると、現場は神戸町神戸付近で片側1車線の直線区間。パトカーは「不審な動きをしている車両がいる」との通報を受け、約80m離れた交番から出動。赤色灯のみを使用した状態で走行していたところ、道路上に倒れこんでいたとみられる58歳の男性をはねた。

男性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打などが原因でまもなく死亡。警察はパトカーを運転していた31歳の男性巡査部長から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞くとともに、同乗していた23歳の女性巡査からも話を聞いている。

事故当時、パトカーは30km/h程度の速度で走行していたが、巡査部長は「人が倒れていることは気づかず、何かに乗り上げた衝撃で初めてわかった」などと供述しているようだ。現場は夜間の見通しが悪い区間。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ