【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

業界 レスポンス

日野自動車は7月27日、『日野プロフィア』などのインタアクスルディファレンシャルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、大型・中型トラック『日野プロフィア』『日野レンジャー』の2車種で、2010年6月23日〜2015年9月4日に製造された1万7704台。

インタアクスルディファレンシャルにおけるインプットシャフトフランジの製造が不適切なため、インプットシャフトの回転バランスがとれていないものがある。そのため、インプットシャフトの回転がアンバランスとなり、ベアリングが損傷し、そのまま使用を続けるとベアリングが焼き付き、インプットシャフトが折損して、最悪の場合、プロペラシャフトが脱落して走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、インタアクスルディファレンシャルを良品と交換する。また、ディファレンシャルオイル量を点検し、オイル量が不足している場合は、ディファレンシャルキャリア一式を良品と交換する。なお、交換用部品の全数供給に時間を要することから、オイル漏れの点検を行い、漏れが認められた車両から順次、インタアクスルディファレンシャルを良品と交換する。

不具合は38件発生、物損事故が1件起きていない。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ