日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

業界 レスポンス

日産自動車の星野朝子専務執行役員は7月27日の決算発表の席上、担当する国内販売の状況について「7月の受注は非常に好調だった」と述べた。

日産は三菱自動車の燃費不正により、4月中旬から6月まで主力軽自動車の販売停止を余儀なくされた。今月からの販売再開後は「待っていただていた方がたくさんいらっしゃり、オーダーは堅調だった」という。

一方、8月24日に発売する主力ミニバンの『セレナ』についても「人気車種なので予約受注が大分貯まっている。ロケットスタートを切りたい」と、自信を示した。日産は2016年度の当初計画として、前年度を12%上回る58万台の国内販売目標を打ち出している。

この見直しについて星野専務は、「まだ精緻に予測していないが、消費税増税の延期による駆け込み需要の影響や、軽自動車の販売停止があったので弱含みに見ている」と説明した。

  • 池原照雄
  • 日産 セレナ ハイウェイスター 新型《撮影 諸星陽一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ