三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

業界 レスポンス

三菱自動車工業の池谷光司副社長兼CFO(最高財務責任者)は、7月27日の決算発表会見で、7月1日に再開した燃費不正の軽自動車の受注について「お待ちいただいたお客様により、昨年7月の2倍近くになった」と述べた。

池谷副社長によると、一般の顧客に加えて取引先や従業員などからの受注が集まったという。7月の販売自体も25日現在で主力の『eKワゴン』は、前年同期の84%まで戻ったと説明した。

池谷副社長は「大変ありがたいこと」とする一方、受注が一段落するこの先は、「当然のことながら厳しい」との見方を示した。また、失墜した信頼の回復は「大変厳しいイバラの道。ひとつ一つの取り組みを積み重ねていきたい」と語った。

さらに業績については、国内販売の不振を「海外などで挽回しながら収益を確保していきたい」と、強調した。三菱自は6月22日に、燃費不正による2017年3月期の最終損益への影響が、営業減益や顧客補償などで合計2050億円に及ぶと発表している。

  • 池原照雄
  • 三菱 eKワゴン「T Safety Package」《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ