高速道路SA・PA、財布の忘れ物は年間2832件…NEXCO西日本まとめ

社会 レスポンス

NEXCO西日本は、2015年度の管内サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)での忘れ物の状況を取りまとめた。

それによると、2015年度1年間の忘れ物・落し物に関する問い合わせは約1万9000件、1日あたり約50件あった。SA・PAでの忘れ物・落し物ランキングは、1位が財布類で2832件、2位は携帯電話類の2619件、3位は衣類・履物類の2530件だった。

場所別に見てみると、トイレでは携帯電話類、かばん類、財布類、衣類・履物類、生活用品類が多い。また駐車場では衣類・履物類、鍵類、携帯電話類が、休憩所やスナックコーナーでは衣類・履物類、かばん類、生活用品類が多くなっている。

月別件数は、お盆の交通混雑期となる8月が最も多く、2015年8月の上位は財布類345件、携帯電話類338件、衣類・履物類301件となっており、この3分類で全体の4割を占めている。また冬期は、衣類・履物類の忘れ物・落し物が多くなる傾向にある。

NEXCO西日本では、高速道路を利用する機会が増えるこれからの時期、快適な旅行のためにも忘れ物には注意するよう呼びかけている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 月別忘れ物件数
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ