360度自動撮影の キューブ シャッタールーム、日産本社ギャラリーで体感イベント開始 7月31日まで

モータースポーツ レスポンス

日産自動車は、車内での楽しい瞬間を自動で検知し、360°自動撮影する「キューブ シャッタールーム」の体感イベントを7月28日から31日までの4日間、日産グローバル本社ギャラリーで開催する。

キューブ シャッタールームは、広々とした車内空間が特徴の「キューブ」をベースに、車室内を取り囲むように「360度撮影カメラ」を設置したデモカーだ。カメラには「エモーションセンサー」を搭載し、盛り上がった瞬間を逃さずに撮影。360度撮影の特長を活かし、映画『マトリックス』のようなバレットタイム撮影も可能となっている。

キューブ シャッタールーム体験後は、その場でもらえるQRコードをスマートフォンで読み取ると、自動で360°撮影された動画を確認でき、SNSにてシェアすることができる。会場では、キューブ シャッタールームのコンセプトムービーでも使用されている楽しい遊び道具を用意。子どもから大人まで一緒に楽しむことができる4日間のみの限定イベントとなっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産グローバル本社ギャラリーにてキューブ シャッタールームの体験イベント開催中
  • キューブ シャッタールーム
  • キューブの車内各所に小型カメラを配置
  • シャッターは「エモーションセンサー」で自動にオン
  • 専用モニターにて動画内容を確認でき、QRコードが発券される
  • お気に入りのアイテムを使ってキューブ車内で撮影が楽しめる
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ