ジャガー・ランドローバーの自動運転車、4つのコネクテッド技術を発表

テクノロジー レスポンス

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは7月中旬、次世代の自動運転車用に開発中の4つのコネクテッド自律運転車両技術を発表した。

「ロードワーク・アシスト」は、前向きに設置されたステレオカメラを使用して前方道路の3Dビューを生成。高度な画像処理ソフトウエアと連携させることで、コーンや障害物を認識する。このシステムにより、車両が道路工事の開始地点に接近していることを検知。込み入った建設現場や一方通行道路があることを知らせる。そして、わずかな力でステアリング操作をアシストし、ドライバーが車線中央を走行し続けるようにする。

「セーフ・プルアウェイ」は、ステレオカメラを使用して車両前方直近の範囲をモニター。車両または壁などの対象物を検出し、それに対してシステムが衝突につながるおそれのあるスロットルペダルの動作やギア選択を感知すると、車両のブレーキが自動的にかかり、警告音を鳴らす。

「オーバー・ザ・ホライゾン・ウォーニング」は、無線信号を使用して、車両間で関連データを送受信する装置をテストする研究プロジェクトの一環。車両が独立して通信し、ドライバーと自律運転車両に見通しの悪い、目視できない場所にある危険や障害物を警告する。

「緊急車両警告」は、コネクテッド技術を搭載した救急車や警察車両、消防車が、道路上の他の車両と通信。ドライバーが警告灯やサイレンに気が付くよりも先に、緊急車両に搭載された装置がその接近を知らせる。ドライバーは、緊急車両が接近してくる方向とその車両までの距離、警告音と警告メッセージを受け取ることができる。車両を安全に移動させ、緊急車両に道を譲り、緊急サービスの遅れを最小限に抑えると同時に、事故防止につながることが期待される。

  • 森脇稔
  • ジャガー・ランドローバーの自動運転開発車両
  • ジャガー・ランドローバーの自動運転開発車両
  • ジャガー・ランドローバーの自動運転開発車両
  • ジャガー・ランドローバーの自動運転開発車両
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ