ダイムラーと北京汽車の中国合弁、エンジン工場を拡張へ

業界 レスポンス

ドイツの自動車大手、ダイムラーは中国の北京汽車(BAIC)との合弁エンジン工場を拡張し、両社の戦略的提携関係を強化すると発表した。

ダイムラーの高級車、メルセデスベンツと北京汽車は2005年8月、中国合弁会社の北京ベンツ汽車を設立。2006年に『Eクラス』の組み立てを開始し、2008年には『Cクラス』が生産車種に加わった。

2010年5月には、Eクラスがベースの中国専用車、『EクラスL』の現地生産をスタート。2011年12月には、『GLK』の現地生産も開始した。2015年4月には、『GLA』の生産も始まっている。

今回、ダイムラーは、北京汽車との合弁エンジン工場を拡張し、両社の戦略的提携関係を強化すると発表。40億元を北京のエンジン工場に追加投資し、メルセデスベンツ車用エンジンの生産能力を増やす。

両社の提携関係は2015年8月、10周年を迎えた。ダイムラーの中国担当、Hubertus Troska取締役は、「今回の合意は、両社の協力関係の次の10年の始まりを記すもの。世界最大の自動車市場において、成長を確信している」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ