マツダ、販売台数増加も円高で減収減益 第1四半期決算

業界 レスポンス

マツダは7月29日、2016年4〜6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は7762億円(前年同期比−3.7%)、営業利益は524億円(−1.7%)、経常利益は449億円(−17.7%)、四半期純利益は212億円(−42.2%)だった。

第1四半期連結累計期間のグローバル販売台数は、新型『CX-3』や『ロードスター』の販売が好調だったこともあり、同1.3%増の37万5000台となった。

市場別内訳は、国内が3万9000台(−31.4%)、北米が11万3000台(−2.4%)、欧州が6万6000台(+21.6%)、中国は5万9000台(+3.1%)、その他地域は9万8000台(+14.0%)だった。

売上高は新世代商品群の販売が増加した一方で、為替相場の円高影響もあり、3.7%の減収。営業利益は、台数・車種構成の改善や「モノ造り革新」のグローバル展開によるコスト改善の進捗等により、対ドル・ユーロなど主要通貨で円高が進行したものの、同1.7%の微減に抑えた。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ ロードスター《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ