マツダ、通期営業利益1700億円予想を据え置き…第1四半期は2%の小幅減益

業界 レスポンス

マツダが7月29日に発表した2017年3月期の第1四半期(4〜6月期)連結決算は、営業利益が前年同期比2%減の524億円となった。円高の影響や国内販売の低調を車種構成の改善などで補った。

同期のグローバル販売は1%増の37万5000台と、この期間では過去最高になった。日本は31%減となったものの、海外は欧州で22%増となるなど堅調だった。為替は1ドル108円で、前年同期から13円の円高だった。営業損益段階での為替変動による減益影響は339億円に及んだ。純利益は42%減の212億円となった。

通期の前提為替レートは、従来の1ドル110円を当面は維持する。また、通期業績も営業利益1700億円(前期比25%減)、純利益1150億円(14%減)としている従来予想を据え置いた。都内で記者会見した藤本哲也常務執行役員は業績予想について「国内外の経済動向や為替変動など事業環境の変化を慎重に見極めるため据え置いた」と説明した。

  • 池原照雄
  • マツダ アクセラ 改良新型《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ