【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

業界 レスポンス

UDトラックスは7月29日、大型トラック『クオン』の衝突被害軽減制動制御装置(トラフィックアイブレーキ)が特定の場所で不要に作動する不具合について、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、UDトラックス『クオン』1車種で、2013年9月13日〜2016年7月19日に製造された1万2565台。

UDトラックスは3月18日、クオン(2014年モデル)について、阪神高速5号湾岸線(大阪方面行き)の六甲アイランド北、住吉浜、魚崎、中島の各料金所付近で、トラフィックアイブレーキが不要に作動する場合があることが判明したと発表した。主に80km/h以上で走行中に走行車線前方および右車線前方に他の車両が走行していない状況下で、車両のトラフィックアイブレーキの不要作動が報告されていた。

UDトラックスはこの不具合について、ミリ波レーダによる障害物検知プログラムの機能限界が原因であると報告した。先行車がなく、高架橋と道路継ぎ目が同位置にある場所を走行すると、ミリ波情報を稀に前方障害物と誤認識することがあることが判明。そのため、表示モニタに警告表示がされるとともに警告音を発し、予期せぬ急制動がかかるおそれがあるという。

改善措置として、全車両、ミリ波レーダの障害物検知プログラムを変更した改良品と交換。また、取扱説明書には当該情報の記載内容を訂正したリーフレットを貼り付ける。なお、改良品の全数準備に時間を要することから、当該特定区間の走行頻度が多い車両から順々に交換を開始する。

不具合は23件、事故は1件発生している。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 車両外観でクオン2014年モデルを識別する方法
  • 不要作動報告箇所
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ