【鈴鹿8耐】決勝スタート、8時間の熱い戦いが始まる

モータースポーツ レスポンス

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースがスタートした。

今年の8耐決勝はポールポジションから順に、No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM、No.12 ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE、No.87 Team GREEN、No.5 F.C.C. TSR Honda。ヤマハ、スズキ、カワサキ、ホンダと、国内4メーカーのチームが並んだ。

強い日差しが照りつける中、定刻通り11時30分にレースが開始。スタートフラッグが振られると、ライダーたちが一斉に走り出し、68台のバイクがスタート。8時間の長い戦いが始まった。

スタート早々にして順位が次々と入れ替わる。一周目を終えた時点での順位は、1位No.17 Team KAGAYAMA、2位No.5 F.C.C. TSR Honda、3位No.12 ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE、4位No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM、5位No.7 YART YAMAHA - OFFICIAL EWC TEAM。

今年はヤマハの2連覇が期待される中、ホンダが王者奪還を狙う。

  • 関 航介
  • No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM《撮影 益田和久》
  • No.12 ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE《撮影 益田和久》
  • No.87 Team GREEN《撮影 益田和久》
  • No.5 F.C.C. TSR Honda《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ