【鈴鹿8耐】スタート1時間経過:序盤から接戦になるも、ヤマハファクトリーがトップへ

モータースポーツ レスポンス

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース。11時30分にスタートして、早くも1時間が経過。No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップに浮上している。

スタートでは少し出遅れてしまったが、すぐに順位をとりもどし2番手へ。中須賀克行がホールショットを奪ったNo.17 Team KAGAYAMA(清成龍一)に迫った。

一方、4番手争いをしていたNo.5 F.C.C. TSR Honda(ドミニク・エガーター)が7周目のシケインで転倒。なんとかピットまで戻ってこれたが、そのまま修復作業を余儀なくされ、20分のタイムロスで後退してしまった。

ホンダのエース格が脱落してしまったが、2年ぶりの優勝を狙うNo.634 MuSASHi RT HARC-PRO.の高橋巧が好ペースをマーク。2分08秒829のファステストラップを記録すると、No.12 ヨシムラ・スズキ Shell ADVANCEの津田拓也をパスし3番手に浮上した。

スタートからトップを死守していたNo.17の清成だったが、徐々にペースが伸びなくなり苦しい状態に。18周目のシケインで中須賀が隙をついてパス。トップへ浮上し、2分09秒台のペースで順調に後続を引き離した。

なんとかトップに食らいつきたいNo.17だったが、26周終わりでピットインした際にジャッキのトラブルでタイムロス。こちらもトップ争いから早々に脱落してしまった。No.21 ヤマハファクトリーは27周終わりにピットインし、中須賀からアレックス・ローズに交替。順調にトップをキープしている。

2番手にはNo.634 ハルクプロが6秒差、3番手にNo.12 ヨシムラが23秒差で続いている。

  • 吉田 知弘
  • 2016鈴鹿8耐スタートシーン《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ