【鈴鹿8耐】スタート2時間経過:ヤマハファクトリーが驚異のスピード、早くも6位以下をラップダウン

モータースポーツ レスポンス

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝スタートから2時間が経過。No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップを維持している。

1時間を経過する間近で、中須賀克行からアレックス・ローズに交替。いきなり果敢に周回遅れのマシンを抜くなどアグレッシブなライディングをみせるが、徐々にペースを掴み安定した走りを披露。2分09秒台のペースで2位のNo.634 MuSASHi RT HARC-PRO.(マイケル・ファン・デル・マーク)に対して17秒のリードを築いた。さらに路面温度60度に迫る中で、ヤマハファクトリーのペースは本当に早く、スタートから1時間30分を経過した時点で6位以下を周回遅れにしてしまった。

一方、後方で追い上げをみせていたNo.104 TOHO Racingが転倒。ピットでマシン修復作業を行ったため、大きく後退してしまった。さらにNo.17 Team KAGAYAMAもフロントタイヤにトラブルが発生。なんとかピットに戻って修復したが、総合28位まで順位を落としてしまった。

トップのヤマハファクトリーは2時間を経過した55周終わりで2回目のピットインを行い、ポル・エスパルガロが走行を担当している。

  • 吉田 知弘
  • No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM《撮影 益田和久》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ