三菱自の世界販売、16%減の22万台 第1四半期

業界 レスポンス

三菱自動車は7月27日、2016年度第1四半期(4〜6月)の世界新車販売の結果を開示した。総販売台数は22万1000台。前年同期の26万2000台に対して、15.7%減少した。

市場別では、日本国内が1万台。前年同期の1万8000台から、44.5%のマイナスと大きく落ち込む。これは、燃費データの不正問題を受けて、新車販売が減少した影響が大きい。

海外では、アジアが7万1000台を販売。前年同期比は9%減だった。このうち、中国は1万5000台。前年同期比は31.8%のマイナスと、大きく落ち込んだ。

一方、北米は3万7000台を売り上げ、前年同期比は5.7%増と堅調。このうち、米国は2万7000台で、前年同期比は3.8%増と、SUVを中心に伸びを示す。

三菱自動車の2015年の世界新車販売は、104万8000台。前年に対して、3.9%減っている。

  • 森脇稔
  • 三菱パジェロスポーツ
  • 三菱アウトランダースポーツ(RVR)の2015年型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ