シュコダの新型SUV、コディアック…ツール・ド・フランスに登場

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダが9月、パリモーターショー16で初公開する新型SUV、『コディアック』。これに先駆け、同車が有名自転車レースに登場した。

これは7月24日、フランスで開催中の「ツール・ド・フランス」での出来事。コディアックの開発プロトタイプ車両が、ツール・ド・フランスのゴールラインを最初に通過し、観客にアピールしている。

コディアックは、全長がおよそ4700mm。3列シートを設定し、最大で7名が乗車できる空間を持つ。荷物スペースはクラス最大。3列シートはオプションで用意される。

パワートレインは、フォルクスワーゲングループのガソリン「TSI」3機種とディーゼル「TDI」2機種。ガソリンで最もパワフルなのは、「2.0TSI」。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力180psを引き出す。トランスミッションは、6速MTおよびDSGを設定。

7月24日、ツール・ド・フランスのゴールラインを、コディアックの開発プロトタイプ車両が最初に通過。1987年、ツール・ド・フランスを制したステファン・ロッシュ氏がドライバーを務め、ツール・ド・フランス最終日に集まった観客に、新型SUVの存在をアピールしている。

  • 森脇稔
  • シュコダの新型SUV、コディアック
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ