オプテックス、法人車両向け安全運転データサービスを10月から開始

業界 レスポンス

オプテックスは、スムーズな発進・停止を促すことで、事故につながる危険運転削減に貢献する法人車両向け安全運転データサービス「セーフメーターデータサービス」を10月から開始する。

運転者は専用端末の表示とアラームによって自身の運転状況に気づくことで安全運転意識を高め、管理者はクラウドサーバーに蓄積された全車両の運転状況を一元化するアプリケーションで一元管理できる。

「セーフメーターデータサービス」は、ゆっくり発進、ゆっくり停止の継続回数を運転者専用端末に表示する。良い運転のみの見える化して、運転者本人の安全運転意識を継続してもらう。本体は電池式なので取り付け工事は不要。

専用端末の本体部とホルダは脱着可能で、1台を複数の運転者で共用利用する場合でも、運転者ごとの管理が簡単にできる。専用端末はOBDポートに接続しないため、サイバー攻撃などの影響を受けない。運転データの提供で事故削減以外のサービスにも活用できる。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ