三菱重工、持分法投資損失189億円…燃費不正の三菱自の影響で 第1四半期

業界 レスポンス

三菱重工業は、2016年4〜6月期(第1四半期)に、三菱自動車の持分法による投資損失188億8000万円を計上したと発表した。

三菱重は三菱自を持分法適用会社としているが、燃費不正事件の影響で三菱自の第1四半期業績が当期赤字となるなど、悪化したため。三菱重は、三菱自を含む全体の持分法による投資損失合計207億5800万円を計上した。

また、三菱自の株価が大幅に下落したため、三菱自株式の評価損を579億9900万円を計上した。

三菱重は、三菱自が日産自動車と資本提携で基本合意したことから、第2四半期から三菱自を持分法適用会社から除外する予定。

  • レスポンス編集部
  • 三菱自動車本社《写真 Getty images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ