スバル、米国生産累計台数300万台を達成…26年10か月

業界 レスポンス

富士重工業は、7月28日(米国時間)に、スバルブランド車の米国生産累計台数300万台を達成したと発表した。

1989年9月から米国インディアナ州のスバル・いすゞオートモーティブ(現スバル オブ インディアナ オートモーティブ:SIA)にて『レガシィ』の生産を開始して以来、26年10か月での300万台達成となる。

現在SIAでは、レガシィおよび『アウトバック』(1995年〜)を生産、また、過去には『バハ』(2002年〜2006年)、『トライベッカ』(2005年〜2014年)を生産していた。北米市場での販売が好調に推移する中、SIAでは継続して能力増強投資を行っており、標準生産能力を2016年3月末の21万8000台から2016年末には39万4000台、2018年度には43万6000台へ引き上げていく。これにより、2016年内には新たに『インプレッサ』の生産を開始、さらには、2018年には多人数SUVの生産を追加する予定だ。

生産車は、主に米国、カナダで販売しており、2015年暦年でのスバルブランド車の生産台数は、前年比18.5%増、過去最高の22万8804台となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スバル オブ インディアナ オートモーティブ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ