【IIHS衝突安全】ヒュンダイのSUV、唯一の最高評価…新方式テストの7車種

業界 レスポンス

米国IIHS(道路安全保険協会)は、小型SUVの7車種に新方式の衝突安全テストを実施。ヒュンダイの新型『ツーソン』のみに最高評価を与えると発表した。

この新方式のテストは、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる前面オフセット衝突テスト。2013年から導入された同テストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて、およそ64km/hで固定バリアにぶつけるもの。

対向車がセンターラインを越えてきて衝突するなど、実際の衝突事故に、より近づけるための追加テスト。ただし、車体のメインフレームよりも外側に強い衝撃が加わるため、厳しい判定を下される車種が多い。

今回IIHSは、運転席側でなく、助手席側でスモールオーバーラップ衝突テストを実施。小型SUVの7車種のうち、助手席側で最高のGOOD(優)評価を得たのは、新型ヒュンダイ ツーソンだけだった。

この結果を受けて、ヒュンダイモーターアメリカのマイク・オブライアン副社長は、「価格を問わず、顧客に対して助手席乗員にも優れた安全性を提供している」と述べた。

  • 森脇稔
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ