オートバックスセブン、営業利益81%減…タイヤ・ホイール販売低迷 4-6月期決算

業界 レスポンス

オートバックスセブンが発表した2016年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比3.1%減の475億4900万円と減収となった。

日本国内のオートバックスチェン(フランチャイズチェン加盟法人店舗を含む)の全業態の売上高は、同5.2%の減少、全店で同3.6%の減少となった。

軽自動車の販売不振の影響を受け、車内用のアクセサリー類やカーナビゲーションの売上が減少した。前年度スタッドレスタイヤの販売が不振だったこともあり、ノーマルタイヤへの履き替え需要も低迷した。

車検・整備は、車検実施台数が同4.5%減の13万6000台と低調だった。車買取・販売では、中古車販売業者向けが伸びて同2.6%増の5900台だった。

海外事業は、同時多発テロの影響でフランスが不振だった。

収益では、国内オートバックスチェン店舗の減収や、タイヤ・ホイール、アクセサリーなど卸売の減少、タイヤ販売数量減による粗利率低下のほか、海外子会社が赤字となったことなどから営業利益は同81.4%減の1億8000万円と大幅減収となった。経常利益は同59.2%減の5億円3900万円だった。

四半期純利益は同63.9%減の2億10000万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ