フェラーリ、純利益は27.6%増 第2四半期決算

業界 レスポンス

イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリは8月2日、2016年第2四半期(4-6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は8億1100万ユーロ(約918億円)。前年実績の7億6600万ユーロに対して、5.8%増だった。

また、第2四半期の純利益は、9700万ユーロ(約110億円)。前年の7600万ユーロに対して、27.6%増と伸びている。

第2四半期の世界新車販売は2214台で、前年同期比は8%増。フェラーリによると、第2四半期は『488GTB』、『488スパイダー』などのV8エンジン搭載車が、前年同期比8%増と好調だったという。

一方、V型12気筒エンジン搭載車の販売は、前年同期比22%減。フェラーリによると、『FF』や『ラ・フェラーリ』の生産終了の影響が大きいという。

  • 森脇稔
  • フェラーリ 488 スパイダー
  • フェラーリ カリフォルニア T のハンドリング・スペチアーレ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ